無題

恥ずかしながら、以前ルール違反をしてことがわかったので、反省の意味もこめてルールの復習です。

球がギリで池を越えたのですが、斜面に当たったため、グリーン側からくだって池に落ちたのです。

赤杭(ラテラルウオーターハザード)ですので、救済を受ける場合の選択肢は3つあります。

1.元の場所からプレー
2.ホールと最後にハザードの限界を横切った場所とを結んだ線の延長線上でそのハザードの後方にドロップ
3.最後にハザードの限界を横切った場所(またはホールから等距離にある対岸)から、
2クラブレングス以内でホールに近付かないそのハザード外にドロップ

最後にハザードの限界を横切った場所から2クラブレングス以内にホールに近付かない場所
(図で赤く塗りつぶした場所が2クラブレングスで、その中でホールに近づかない場所となる。)
※図の赤○が2クラブレングス以内、塗りつぶした場所の「一部」に救済を受けれる場所があります。

救済を受けれる場所あれば、ドロップすることができますが、その場所がなければ、1又は2の措置をとります。
(ちなみに黄杭(ウォーターハザード)は1.2の措置となります。)

池を越えてから球が戻って池に落ちた場合、ついつい池の対岸に行ってしまいがちですが、
3の救済を受けれる可能性がなさそうな時は、僕は行ってしまってから戻るのは面倒なので、
1か2の措置をするようにしています。(通常は2かな※後方ならどこまでさがってもよい。

その時は指摘されずにラウンドをしてしまったのですが、後日、気になって自分で調べてわかりました。
もし、同組の人が同じ違反していたら、聞かれれば「こうだよ」と教えますが、
聞かれなければ、そのままにしてしまう気がします。よくないかな・・。

僕はこのことがあってから、キャディバックに小さなルールブックをいつも持ち歩いています。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
ぽちっと応援おねがいしますっ


協賛広告