霞台カントリークラブ

以前ラウンドしたときにルールについて疑問があったことをメモしてあったので、
今回処理について、今後の為に調べてみました。

暫定球
内容は、1打目、左に球が行ってしまい、OB又はロストの可能性もあったので暫定球をうちました。
暫定球も左に行ってしまいましたが、当たりが悪く飛んでいなかったので、ギリギリセーフでした。

1打目を少し探してから、その方は暫定球に戻り、その球を打ちました。
前に歩きながらもう一度探すと1打目は見つかりましたが、
同組の方が、「暫定球を打ってしまったら、それがインプレーの球になるよ。」と言いました。

この一言に疑問があったのです・・・そこでJGAの規則裁定集を見てみました。
すると同じような内容で下記の回答がありました。
初めの球があると思われる場所かその場所よりもホールに近い地点から暫定球をストロークするまでは、プレーヤーがその暫定球でいく度プレーしても、初めの球は紛失球とはならない。

27-2 b暫定球がインプレーの球となる場合
プレーヤーは初めの球があると思われる場所に到達するまで暫定球でいく度でもプレーできる。
初めの球があると思われる場所、またはその場所よりもホールに近い地点から
プレーヤーがその暫定球に対してストロークした場合、初めの球は紛失球となり、
暫定球ストロークと距離の罰(規則27-1)のもとにインプレーの球となる。

無事、疑問が解けました。暫定球をチョロってしまうこともありますしね~。
しかし今回の場合、初めの球が見つかったのでインプレーの球となり、誤球となり2打罰だし、
訂正しなければ失格となってしまいます。

初めの球があると思われた場所よりホールに近い所から暫定球でプレーしたあとで
初めの球が見つかったので、その球をプレーした場合も、最初の球はすでに紛失球であり
誤球となり罰を受けるそうです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
ぽちっと応援おねがいしますっ


協賛広告