2019年1月1日からゴルフのルールが大幅に改正されました。
プライベートでは、今年ラウンドはしていますが、倶楽部の競技は1月末なので、少しルールの勉強をしておこうと思いました。ざっくり勉強しておきたいと思います。

・ゴルフコースのエリアの名称が変更
ティーインググランド→ティーイングエリア
スルーザグリーン→ジェネラルエリア
ウォーターハザード→ペナルティーエリア
グリーンとバンカーの呼び名は変わらず。

・球を拾い上げる時の「告知義務」の撤廃
自分の球は確認、プレーに適する球か確認、救済がゆるされるかの確認、マーカーに告知、立ち会いなしにマークして拾い上げることができる。んーできるにしても声だけはかけそうな気がする僕です。

・ドロップは膝の高さから
うっかり肩の高さからドロップした場合は、やりなおせば罰なし。
球をドロップするための計測するクラブはパター以外の1番長いクラブを使用する。

・グリーン上で挿してあるピンに当たっても罰はなくなった

・パッティンググリーン上の損傷を修復できる。

・救済は受けられる場合は、いつでも球の取り替えOK

・ペナルティーエリアないでソールOK、ルースインぺディメント取り除くOK

・ジェネラルエリアで自らのピッチマークにより球が地面に食い込んだ場合は、救済を受けることができる。(1クラブ)

・バンカー内のルースインぺディメントは無罰で取り除ける

・バンカー内のアンプレは2打罰で後方延長線上にドロップの選択ができる

・偶然に動かされた球や当たった球の罰なし、2度打ちも罰なし

とりあえず、最初にこれぐらいは憶えておこうと思います。旧規則より甘くなっている、プレイファーストの為の変更です。ちょっと最初はとまどってしまうところもあるかと思いますが、厳しくなっているわけではないので、なんとかなると思います。はやく持ち運びのできるルールブックを買わなければ・・・。

にほんブログ村 ゴルフブログへ にほんブログ村 ぽちっと応援お願いしますっ。

協賛広告